風俗求人と仕事内容 ~デリヘル&ホテヘル

デリヘル

woman using the phone

デリヘルとは、性風俗サービスを提供する店の一種であるデリバリーヘルスの略称である。
店に所属している女性スタッフは、男性客の注文に合わせて派遣され、性的なサービスを提供するのである。
派遣先は、男性客の指定によって決まるが、基本的には男性客の自宅、あるいはホテルである。ラブホテルの他、一部のシティホテルに派遣されることが多い。
「一部の」としたのは、ホテルによってはこういった店舗の営業を認めていないところがあり、女性スタッフをロビーで止めるからである。

デリヘルは、性風俗店の中では代表的な「無店舗型」、「派遣型」の業種である。後述するように、性風俗に関する法律(風営法)によって24時以降の営業が認められている。
風俗求人サイトや求人誌では、さまざまな年齢層の女性がスタッフとして募集されている。
人妻店や素人店、ギャル店など、女性の属性に合わせた種類が存在することが、その理由である。

デリヘルのサービスは、正式名称である「デリバリーヘルス」の名の通り、派遣された女性スタッフによるヘルスサービスである。
ヘルスサービスの定義としては、「店舗空間の中での性的なサービス」ということになっているが、その内容について説明する。

基本サービスとして、各店舗のホームページや風俗求人誌などでは、オールヌード、ディープキス、フェラチオ、素股などが記載されている。
つまり、性器を用いたいわゆる「本番行為」の他の、ノーマルなサービスが網羅されているのである。
その他、オプションとして、特殊な性癖に合わせたサービスを設定しているところもある。AFと呼ばれるアナルファックや、聖水と呼ばれる、男性客に小水をかけるサービスがこれに当たる。

これらのサービスを、女性スタッフは男性客の自宅やホテルにて行う。オプションが付いた場合には、その料金を基本料金に上乗せされたものを受け取るのである。

上に書いたことだが、デリヘルは風営法(風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律)によって、深夜営業が認められている。
基本的には、風俗営業と呼ばれる種類の業種、特に性風俗店は、深夜24時までの営業となっている。その中で、デリバリーヘルスはそれ以降の営業も認められているのである。
無店舗型であるというのが、その理由となっている。

このことを受けて、他の性風俗業の店も、24時以降はデリヘルの形態に変えて営業を続けるところが出ている。
たとえば、ホテヘル(ホテルヘルス)などは、24時以降は受付に使用する店舗を閉め、電話などで受付を行なっているのである。

リラックス

brown hair

風俗を利用する男性の中には、ただ溜まった性欲を解消するだけではなくてストレスも解消する目的で利用する人がいます。
やはり、魅力的な女性と裸で性的なサービスを楽しむというのは男性からしてみれば非常に癒やされると言っても過言ではありません。

また、風俗店の中にはそういったストレス解消目的で利用しようと考えている男性のためにリラクゼーションサービスを提供しているお店も存在します。
そのお店は、回春エステと一般的に呼ばれています。回春エステでは、性感マッサージといった性的サービスはもちろんのこと、リラクゼーションサービスとしてアロママッサージを提供しているところもあります。

回春エステでは、性感マッサージだけではなくアロママッサージも行なってくれるのでストレス解消目的でも利用することができます。
アロママッサージがもたらす効果としては、まず使用するアロマオイルにあります。アロマオイルには、さまざまな香りのものがあります。その香りによって、いろんな効果効能を得ることができます。

例えば、グレープフルーツやレモングラスといった柑橘系は気分がリフレッシュします。ラベンダーなどは、睡眠時に使用すると非常に良く眠れると言われるくらいリラックス効果が高いようです。
しかし、せっかく回春エステに通うのだからできるだけ性的な気分も高めたいという人もいることが考えられます。そういった際は、イランイランなどエキゾチック系のアロマオイルを使用すると良いです。

アロママッサージによって、全身の疲れをほぐしてもらうことができたら今度は性感マッサージを受けることができます。
性感マッサージは、さまざまなところをゆっくり焦らしながら気持ち良くしてくれます。

最終的には、鼠径部だけではなく睾丸や前立腺といった部分も刺激して気持ち良くしてくれます。

風俗求人

girl smiling

たくさんのデリヘル求人から好みのお店を選べます。地元でしたくないという人は全国から検索しましょう。

あらゆる職種では、働き手の確保のために、それぞれに見合った方法で求人が行われている。
一般企業は各学校に求人情報を出したり、求人サイトに広告を出したりする。アルバイトの求人において、ネット全盛の現在でも、情報誌は未だに盛んに利用されている。

そんな中、風俗業界の求人、いわゆる風俗求人の特徴としてあるのは、直接的な求人とインターネット上の求人、誌上の求人に限られるということである。
ここで言う「風俗」とは、性風俗サービスを行う業種に限る。正確には、パチンコ店やゲームセンターなどの遊興施設全般を「風俗営業」というカテゴリーに入れるが、ここではそれを含めない。

性的なサービスを提供する風俗業界の求人は、主に女性を対象とするが、もちろん業界の実態として、男性の働き手も必要である。

風俗求人の種類の数は、風俗店の種類に比例して増える。ここでは、求人が行われる性風俗店の種類について述べる。

「店」と表現するものの、現在では住所と店構えを有した、店舗を構えない「無店舗型」の風俗店も増えている。
風俗店は、そんな無店舗型と、店舗を持って営業を行う「店舗型」に分かれる。
店舗型の風俗店としては、フェラチオをサービスの中心としたピンクサロンや、風呂を併設したプレイルームを設けたソープランドがある。
ソープランドでは、口だけではなく性器もサービスのために用いられる。現在、風営法が性行為を禁じる中、それを行うことが出来るのはソープランドのみになっている。
そのサービスゆえに、風俗求人、特に女性求人の中ではいちばん高い給与体系が組まれている。

無店舗型の経営スタイルを取る風俗店には、デリヘルやホテヘルといった派遣型の業種がある。ホテヘルは、受付のための店舗を所有している場合もあるが、プレイルームは存在しない。
それぞれ、ラブホテルやビジネスホテル、客の指定した場所でヘルスサービスを行うものである。

現在では、コスプレをサービスの中心に置いたイメージクラブが、無店舗型、派遣型と呼ばれる形態に移行しつつある。

性風俗店の給与体系は、歩合制が取られていることが多い。
客としてこういった店に行くときは、サービスの時間によって料金が決まってくる。女性スタッフは、その料金を店と割合を決めて、何割かを給与として受け取るのである。
店と女性スタッフの間で折半が基本だが、店によっては比率が店4、女性スタッフ6などというふうに決まっているところもある。

その他、風俗求人の情報を見ると、店舗によっては「保証制度」を設けているところがあることが分かる。
仮に1日客が付かない日があったとしても、最低給与が設定されているということである。ただ、このような保証制度について、店によっては有名無実化しているところもあり、見きわめが必要であると言える。

利用するなら

beautiful girl

男性の中には、性欲を解消するために風俗を利用する人がいます。しかし、人によってはさまざまなことが気になってしまい風俗に通うに通えない人もいるようです。
例えば、人目を気にしてしまう人もいます。やはり、風俗というのは世間的に見ればあまり受け入れられる職業ではありません。自身の性欲をお金を払って、女性に解消してもらうサービスというわけです。
そのため、店舗に足を運ぶ際に人目が気になって一歩踏み出せないという人もいるようです。

このほかにも、人によっては衛生面が気になってしまって利用することができないという人もいるようです。
しかし、風俗店にはさまざまな業種が存在します。その中には、ソフトサービスを提供しているところもあるようです。

安心して風俗を利用したいという男性は、比較的ソフトサービスを提供しているお店を利用するのが良いです。
例えば、ソフトサービスを提供している風俗店の中には回春エステと呼ばれるところがあります。
回春エステに関しては、基本的にハンドサービスのみですのでフェラなどをされることはありません。

大体は、手コキや手を使ったマッサージを提供するところがほとんどです。

回春エステのほかにも、ソフトサービスを提供しているお店がいくかあります。
例えば、オナクラというお店がそうです。オナクラに関しては、基本的には触れることもありません。

では、実際にはどういったサービスを提供してくれるのかというと、男性客がオナニーしているところをただ見ているだけというサービスです。